動画による遠隔監視

現地の様子を動画でリアルタイムに確認できる

動画遠隔監視カメラ「ジオスコープ」は、カメラ設置場所の様子を動画や音声でリアルタイムに遠隔監視できるシステムです。

現地の様子を、実際にその場にいるような感覚で把握できるので、現場状況をいち早く確認することができます。

動画遠隔監視のデモンストレーションはこちら

監視状況

保護機能で動画の漏えい対策も安心

ジオスコープで撮影された動画は、インターネット上のサーバーで処理されますが、実際に動画を閲覧するには、カメラごとに設定されたID・パスワードを必要とするため、一般に公開されることはありません(公開設定にすることもできます)。

監視する対象が機密性・秘匿性を要求する場合にも、動画の漏えい対策に効果的なセキュリティ機能を有するジオスコープをご利用いただけます。

モバイル通信(無線)で動画を配信できる

モバイル通信

遠隔監視カメラは、撮影された映像をインターネット上にあるサーバーで処理し、その映像確認用に割り当てられたURLにパソコンなどからアクセスすることで、ユーザーが動画を確認できるというものです。

一般的な遠隔監視カメラは、撮影された映像をサーバーに送信するためにLAN回線を使用するタイプがほとんどですが、これらの遠隔監視カメラはそのほかにルーターやモデムといった設備を用意する必要があり、カメラの設置可能エリアが大きく限定されてしまいます。

その点、ジオスコープはモバイル通信機能を内蔵しているため、ルーターやモデムといった設備も不要で、通信配線も必要としないワイヤレス設計(電源配線を除く)を実現しています。
建設現場のような、恒久的なカメラ設置を必要とせず、通信配線の難しい屋外監視においては、ジオスコープでの監視が最も適しています。

ページトップへ戻る